スポンサードリンク

もしあなたが交通事故にあってしまったら

まず第一に、安全の確保と警察への連絡です。

第一に自分と相手の安全を十分に確保する必要があります。
特に高速道路、車専用バイパス、交差点など車を降りるなどではねられてしまわないように、十分に気を付けて落ち着いて安全を確保します。

そして、警察(110番)怪我などで必要であれば救急車(119番)を呼びます。
高速道路等では、後続車両に事故を知らせる発煙筒などで事故で、二次的な事故にならないように対応することも必要です。

必要なこと

警察への連絡は必ず行いましょう。
治療などに関わる自動車保険を利用する際に「事故証明書」という書類が必要になります。これは警察へ事故を届け出る必要があり、事故直後の状態で警察に見てもらっておくことは、後々のトラブルを避けることにもつながります。

してはいけないこと

・その場で相手と交渉をしてしまうこと
・事故現場から離れること

これらは、絶対にしてはいけないことになります。逃げることは言語道断ですが、相手と交渉を始めてしまうことも言った言わないの問題となってしまいます。
保険会社同士が対応するほうが、後々問題が少なくなりますので、決して、交渉をしないようにしましょう。

しかし、相手の名前、住所など必要なことは情報交換しておく必要があります。

もし、パニックになってわからないという場合は、当院にお電話いただければ、何をしなくてはいけないかをご説明いたしますのでご活用ください。

自賠責保険利用のため交通事故の治療費の窓口負担は0円です。

スポンサードリンク


わたしたちは最後まであなたの味方です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加